高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置会社ランキング

高品質な防犯カメラを安く導入するための業者選び

防犯カメラの設置会社ランキング » 防犯カメラの基礎知識 » 防犯カメラが故障していると思ったら

防犯カメラが故障していると思ったら

こちらでは、防犯カメラに不具合が発生している場合のチェックポイントや対処法などを解説しています。防犯カメラやレコーダーが故障しているのかなと思ったときには、ぜひ一度お試しください。

故障かなと思った時に確認すべきポイント

電源がオンになっているかどうかをチェック

まずは、防犯カメラの電源が入っていることを確かめます。コンセントから外れている可能性もあるので、そちらも確認しましょう。また、電源タップを使用している場合は、そこに問題がないかどうかも、しっかりと調べておく必要があります。

インターネット接続に問題がないかどうかをチェック

防犯カメラをインターネットに接続して遠隔監視のために使用している場合には、接続状況を確認しましょう。何らかのトラブルが発生していてインターネットがつながらないと、防犯カメラの映像を見ることができません。自力で解決できない場合には、回線の手配を依頼した業者に相談することをおすすめします。

配線ケーブルに問題がないかどうかをチェック

防犯カメラ・レコーダー間のケーブルに何らかの問題がある場合もあります。そちらに問題がなさそうであれば、レコーダー・モニター間のケーブルもチェックしてみましょう。特に、HDMIケーブルには抜け止めが付いておらず、抜けやすいので要注意です。あるいは、ケーブルが重い物の下敷きになっている状態だと、ケーブルが断線してしまっているかもしれません。

よくある故障

電源がオンにならない

ACアダプターや電源ケーブルがしっかりと接続されているにもかかわらず電源がオンにならないようであれば、故障している可能性があります。電子回路は繊細な装置であるため、経年劣化による故障は充分に考えられます。

映像が映らない

カメラの経年劣化による故障が考えられます。あるいは、映像は移るけれども映像が白くぼやけている、という場合は、レンズ内の結露が原因となっている可能性があります。ピンクがかっている場合は、IRカットフィルターの動作不良が原因となっているケースが多いです。

録画できない

ハードディスクやSDカードに問題があると、映像自体は映っても録画はできなくなります。ちなみに、ハードディスクには寿命があり、一般的には25000~35000時間程度のようです。寿命前に、新しいものに替えておくことをおすすめします。

参照元:日本セキュリティー機器販売ダイレクトショップ(https://n-sk.jp/consumer/directshop/2581/)

故障かなと思ったときにできる3つの対処法

【対処法1】電源を入なおしてみる

一時的にフリーズ状態になってしまった場合は、電源のOFF/ONで問題は解消するはずです。ただし、それが何度も繰り返される場合には、パーツを交換したり修理したりする必要があります。

【対処法2】再起動してみる

防犯カメラやレコーダーは、キャッシュがたまっていることが原因となっている場合などは、再起動するだけで復旧する可能性があります。ただ、いきなり電源を抜くと、ハードデイスクがダメージを受けてしまう場合があるため、手順通り適切な方法で再起動するようにしましょう。

【対処法3】初期化してみる

機器内のバグが不具合の原因となっているのであれば、初期化をおこなえば復旧する可能性もあります。設定を初期化してみて問題が解決しないようであれば、工場出荷状態時の状態まで初期化する必要があります。

まとめ

不具合が生じた際は、自分でできる対処法もありますが、それは基本的には応急処置です。ですから、故障かなと思ったら、できるだけ業者に相談して原因を特定することが大切です。

信頼できる防犯カメラの設置業者ランキング

※施工費用に関して画素数200万以上のカメラ、遠隔監視システム、工事費込みで
見積もりを出してもらいました。

  1位防犯カメラ
情報センター
2位ゼスト 3位中央防犯
センター
施工費用 12万円~ 19万3,000円 20万円前後
エレベーター
への設置
×
  公式サイト 公式サイト 公式サイト
高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置業者ランキング
【特集】エレベーターに防犯カメラを設置するには?