高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置会社ランキング

高品質な防犯カメラを安く導入するための業者選び

防犯カメラの夜間撮影

このページでは、防犯カメラを使って夜間の撮影を行うときに押さえておきたい情報をまとめました。

防犯カメラによる夜間撮影

防犯カメラを家の外に設置して撮影を行う場合は、「夜間の撮影が可能かどうか」が重要なポイントになるでしょう。ただ、同じ夜間でも、駐車場と玄関先では明るさの度合いは違ってきます。

玄関先を例に考えてみましょう。玄関先とひとくちに言っても、一戸建ての一般的な玄関先と比較すると、マンションのエントランスは夜間であっても常に明るい照明が付いていることが多いです。このような場所であれば充分な明かりが確保できるため、赤外線撮影ができない、つまり夜間撮影に対応していないタイプの防犯カメラであっても、撮影は行えるでしょう。

赤外線撮影って何?

赤外線撮影とは、人間の目には見えない可視光線を用いて撮影をする方法。暗闇における暗視カメラや、サーモグラフィーなどにも使用されています。

赤外線撮影を利用すれば、夜間でも問題なく撮影可能。玄関先に限らず、まったく光が届かない資材置き場のような場所でも撮影ができるのです。

赤外線は、人間の目では見えませんが、赤外線という特殊な光がライトアップして撮影していると考えるとイメージしやすいかもしれません。また、夜間に光を発して撮影を行うと、場合によっては周辺に迷惑をかけてしまう可能性もあるため、その点においても、夜間には赤外線撮影が適していると言えます。

微光監視型の防犯カメラもある

上述の通り、光がない場所では普通のカメラによる撮影は難しいですが、赤外線撮影であれば問題ありません。それ以外にも「微光監視型」と呼ばれる監視カメラも存在します。これはまったくの暗闇では使用不能ですが、少しの光さえあればそれを高感度で拾う機能が搭載されています。また、赤外線撮影と違って、カラーでの撮影も可能です。

必要となる明るさは、豆電球よりも少し強い明るさが必要だと考えるといいでしょう。たとえば、照明が付いている場所であれば、夜間でも撮影ができる場合が多いです。

「夜間対応」と「非対応」の違いをわかりやすく

夜間に対応しているか否かの違いは、わかりやすく言うと、赤外線撮影ができるかどうかです。市販されている防犯カメラの多くは赤外線撮影が可能なタイプです。ただし、中には赤外線撮影非対応のタイプもあるため、購入するときは確認するようにしましょう。

ところで、赤外線撮影ができない防犯カメラ、つまり夜間撮影非対応の防犯カメラが販売されているのはなぜでしょうか。「防犯」と言うと夜間をイメージしがちですが、室内に防犯カメラを設置するケースもあります。防犯のために自宅内の様子を確認するためならば、時間帯や使い方によっては、夜間撮影に非対応であっても問題ありません。

また、メーカーによっては、LEDを利用して撮影したり人に反応して撮影したりというような機能が搭載されているものもあります。

防犯灯と防犯カメラ

防犯灯とはその名の通り「あかり」なので、撮影するための機材ではなく、夜間にエントランスを照らしておくために使用されます。たとえ、防犯カメラによる撮影をしていなくても、明るい状態であれば、それだけで不審者による侵入を防ぐ効果が期待できます。

また、中には防犯灯を搭載した防犯カメラもあります。防犯灯の光を利用して撮影を行うしくみになっているのです。さまざまなタイプがありますが、中には人感センサーが搭載されているものも。ただ、場所によっては人感センサーが常に作動していると人に迷惑をかけてしまうケースもあるため、使用や設置方法には注意が必要です。

音声機能が搭載されているタイプもある

撮影だけでなく、音を録音する機能が必要な場合は、音声機能が搭載されているものを選ぶといいでしょう。何らかのトラブルが起きた際の証拠を残すときに、映像だけでなく、音声を記録しておくことも可能です。

さらに、スピーカー機能が搭載されているタイプであれば、カメラ越しに話しかけることも可能。まさに侵入しようとしている不審者に対して、音声による威嚇を行うことで、犯罪の抑止力につながります。

信頼できる防犯カメラの設置業者ランキング

※施工費用に関して画素数200万以上のカメラ、遠隔監視システム、工事費込みで
見積もりを出してもらいました。

  1位防犯カメラ
情報センター
2位ゼスト 3位中央防犯
センター
施工費用 12万円~ 19万3,000円 20万円前後
エレベーター
への設置
×
  公式サイト 公式サイト 公式サイト
高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置業者ランキング
【特集】エレベーターに防犯カメラを設置するには?