高品質な防犯カメラを安く導入するための業者選び

サイトマップ

HOME » 目的別・防犯カメラの選び方 » 遠隔地から見たい

遠隔地から見たい

複数拠点や遠隔地監視用の防犯カメラの選び方を紹介します。

遠隔地から確認するにはIPカメラがオススメ

複数の拠点や遠隔地を監視したいのであれば、IPカメラの導入をおすすめします。IPカメラは、LANケーブルやHUBなどと接続して、ネットワーク上に設定し、データ化した映像や音声をパソコンやスマホに転送するシステムです。

通常のパソコンやスマホなどと同様、カメラに付与されたIPアドレスをパソコンで指定すると、カメラで撮影した映像が確認できます。

IPカメラを使用する場合も録画用機器は必須。録画機器をネットワークに接続し、カメラと同じIPアドレスを設定すれば、複雑な工事をしなくても簡単に映像の録画・保存が可能になります。

ただし、IPカメラは大量の映像や音声を伝送するため、専用のネットワークを構築する必要があります。既存のネットワークにIPカメラを接続すると、インターネットの接続が遅くなってしまうことがあるのです。

IPカメラの種類

アナログカメラ同様、IPカメラも屋内用と屋外用に分けられます。さらに、左右(パン)と上下(チルト)の首振りに対応しているものと、そうでないものにも分類できます。

その他、カメラの形状別では、据え置きタイプと壁や天井に設置するタイプがあります。これに画素数や赤外線対応の有無、音声出力といった機能が備わっているか否かで価格も大きく異なります。

遠隔地監視におすすめの防犯カメラ

  • WTW-IP886
    遠隔監視対応のIPネットワークカメラ。撮影された画像はスマートフォンやタブレットからも簡単に見られます。また、パソコンのみで閲覧できる機能として、最大36台の同時監視も可能です。
  • WV-SFV311
    ドーム型のIPネットワークカメラで、画像保存や異常時のアラーム設定などの各種設定は、ウェブブラウザー画面から手動で操作できます。また、パナソニックが独自に新開発したコーデックエンジンを搭載。フルハイビジョンの画質を最大毎秒60フレームで出力でき、動きがなめらかです。
  • WTW-PRP75HE
    屋内外兼用で、220万画素もの高画質で記録できるIPネットワークカメラ。スマホやタブレットなどでライブ映像監視が可能です。特定の箇所を見えなくするマスキング機能も搭載。銀行のATM、マンションのテンキー式開閉盤など、プライバシーへの配慮もできます。
 
ページの先頭へ
賃貸オーナー向け!高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置会社ランキング

【免責事項】
「高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置会社ランキング」は個人が情報を収集しまとめているサイトです。
情報は2017年4月のものですので、最新の設置費用や情報は各公式サイトを確認してください。