高品質な防犯カメラを安く導入するための業者選び

サイトマップ

HOME » 目的別・防犯カメラの選び方 » 映像を録画したい

映像を録画したい

防犯カメラで撮影した映像を録画・保存するために必要な機器を紹介します。

画像にこだわるのならハードディスク選びが重要

万が一の際の、侵入者や万引き犯などの特定には、防犯カメラで撮影した映像が重要な役割を持っています。しかし、その映像も時間が経って消されてしまうのでは意味がありません。せっかく防犯カメラを設置するのであれば、同時に録画機器も導入してしまいましょう。

防犯カメラは通常、撮影のための機能は持っていますが、本体内部に録画機能を持っている機種は限られます。しかも、1ヶ月単位の記録となると、たとえ本体に録画機能が付いていたとしても、すべての映像を記録しきれません。そのため、映像を録画するための機器・レコーダーが必要になります。レコーダーを防犯カメラと監視用モニターの両方につなぐことで、撮影・録画・監視をすべて同時に行えます。

防犯カメラと接続するレコーダーは、一般家庭で使われるハードディスクレコーダーとは違い、画像の品質と保存のサイクルを自由に選べます。ひとつのレコーダーでどのくらいの量の映像を記録できるかは、この品質と保存サイクルによって異なります。

単純な話、1ヶ月以上の長期間、高画質な画像を記録し続けたいのであれば、容量の大きなレコーダーが必要です。例えば、41万画素のカメラに1TBのレコーダーであれば、1ヶ月分程度は記録できる計算です。

その他、録画期間は短くなりますが、画像の整理が容易なSDカード式、外部サーバーに録画データを保存するサーバータイプも業者によっては選べます。

映像の録画におすすめの防犯カメラシステム

  • DVR-H6041SP
    操作性を重視した高画質レコーダー。「モーション設定検索」や「日付検索」などの機能により、何か動きがあったときの画像をスピーディーに検索できます。
    また、録画機の前面にあるUSB端子にメモリを挿入することで、長期間のバックアップも簡単にできます。
  • ALIR-EOS400
    HDDを最大6TBまで搭載できるレコーダー。映像信号の圧縮やコマ数の調整を自動におこない、長時間録画を可能にします。
    また、ライブ画像表示や録画・再生、ネットワークとバックアップの操作が同時にでき、操作性にも優れています。
  • WTW-DV6H32
    最大32画面表示まで可能な高画質レコーダーを組み合わせた、防犯カメラシステムです。録画解像度は944×480にも設定でき、USBメモリによるバックアップも可能。Eメールアラーム機能も搭載されており、何かあれば随時メールで報告してくれます。
 
ページの先頭へ
賃貸オーナー向け!高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置会社ランキング

【免責事項】
「高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置会社ランキング」は個人が情報を収集しまとめているサイトです。
情報は2017年4月のものですので、最新の設置費用や情報は各公式サイトを確認してください。