高品質な防犯カメラを安く導入するための業者選び

サイトマップ

HOME » 目的別・防犯カメラの選び方 » カメラに気付かれたくない

カメラに気付かれたくない

来店者や従業員を威圧しない、目立たない防犯カメラの選び方を紹介します。

威圧感を感じないドーム型カメラとは

ドーム型防犯カメラは、一見すると防犯カメラに思えない外見をしており、病院やデパートなどへの設置が増えているタイプです。その形状は半球状タイプのものがほとんどで、物によっては照明器具や火災報知機に見えるものも少なくありません。

このタイプの特徴は周囲の雰囲気を乱さずに設置できること。いくら防犯が目的とはいえ、高級ホテルやデパートなどに、防犯カメラが目立つように設置されていては、「見られている」という意識が強くなり、雰囲気が崩れてしいます。

その一方で、威嚇には向かないので、犯罪の抑止よりは監視や証拠集めに実力を発揮します。撮影範囲が広いものや、音声も同時に撮れるタイプもあります。

ドーム型カメラは小型カメラが内蔵されていることが多く、カメラの向く方向が自在に変えれられるタイプは、撮影範囲が非常に広くなります。

防犯カメラを目立たないように設置したいなら、配線なども壁や天井に埋め込んで、その上からカメラを設置すると良いでしょう。

まるでスパイグッズ?な小型カメラ

ただ小さいだけでなく、カメラがあることに気付かせないことを重視しています。一般的な防犯カメラと比べると、非常に小さく、狭い場所にも取り付けられるので、相手を威圧したくない場合におすすめです。

ただし、録画機能が無いものが多いことや、隠し撮りと思われかねないことは注意しなければいけません。

また、コンビニの店内によくある、鏡に模したカメラや、ドームの中身が見えないよう、マジックミラーになっているカメラもあります。

防犯カメラを導入する目的や、設置する予定の場所に見合った機器を選ぶようにしましょう。

防犯効果についてアドバイスしてくれる
防犯カメラ設置会社ランキング

おすすめの目立たない防犯カメラは?

  • YKS-HCD7000VA
    既設のアナログカメラとの交換も容易な、240万画素の高画質カメラ。色や逆光の場合でも自動で調整ができ、画質を安定させられます。また、広角から望遠まで撮影範囲の調整もできます。
  • WV-SW158
    パナソニック製のドーム型防犯カメラ。こちらも画角が広く取れるため、1台で広い範囲を撮影できます。さらに画角内で指定した部分を最大2ヶ所設定し、指定箇所の画質のみ高画質で録画も可能です。
  • Prism IR
    電球ソケットに設置するだけで使用できる、配線・取り付け工事が不要な防犯カメラ。赤外線LEDを搭載しているので、夜間も撮影でき、動体検知・音検知機能も付いています。実際にLED照明としても使える、便利なカモフラージュカメラです。
 
ページの先頭へ
高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置会社ランキング