高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置会社ランキング

高品質な防犯カメラを安く導入するための業者選び

日本防犯設備

防犯カメラの設置でおすすめの会社のうち、日本防犯設備を紹介します。

日本防犯設備の特徴

日本防犯設備は、営業方針や取扱商品の内容、事業内容などが評価され、帝国データバンクの評価基準で、優良経営企業の認定を受けています。

また、映画やテレビドラマの撮影、ニュース番組への映像提供など、メディアへの露出度も高い会社です。

最大の特徴は、リース契約による設置であること。そのコストは1日250円~からと、非常に安価な価格設定がされており、それら機材の選定は、すべて防犯設備士が行います。

提案する機器は、すべて国内のトップメーカー製品。それらを特殊な販路によって仕入れているため、安価での防犯カメラ導入を後押ししているのです。

こちらは、私の問い合わせに対しての返答がいただけませんでした。ただし、知人が以前取り寄せた見積もりを見せてもらったところ、カメラ6台と録画機器で月額12,000~18,000円とのことなので、私のお店に設置した場合は、だいたい1万円程度、と言ったところでしょうか。

日本防犯設備など、
防犯カメラの販売・設置におすすめの会社をランキング

日本防犯設備のプランや取扱い機器例

日本防犯設備ではリース契約による、防犯カメラの設置を勧めています。この契約方法であれば、初期投資額を抑えられるので、経営が軌道に乗るまでの期間だけでも、相談してみても良いかもしれません。

防犯カメラ・監視カメラプラン

暗所でも撮影可能な赤外線カメラや、目立ちにくいドーム型カメラ、威圧効果の高いボックスカメラなど、用途・目的に応じたカメラを選べます。

これに、レコーダーや集音マイク、設置工事費がセットになって、1日250円~と非常に安価で、防犯設備を導入できます。

遠隔監視セキュリティシステム

人相や文字、紙幣の柄まで確認できるほど、高画質なカメラから選べます。それぞれ夜間撮影や、屋内・屋外対応のものがあるので、用途・目的に合致したカメラを選べます。

さらに、24時間録画に対応したレコーダーや、付近の音を録音できるマイク、設置工事費も込みで、1日250円~で設置できます。

日本防犯設備の防犯カメラ設置実績

日本防犯設備の公式サイトでは、東証1部上場企業や各種店舗、大型マンションなどへの設置実績が公開されています。その中から1件を紹介します。

ある高齢者施設では、それまでに取り入れていた防犯対策に上乗せする形で、防犯カメラを導入しました。

これにより、不審者の侵入を防ぎ、施設利用者やその家族が、安心して利用できる環境を整えているそうです。

福祉施設にも!日本防犯設備の防犯カメラ設置事例をさらに紹介

これまで、防犯カメラの設置と言うと万引き対策として活用する小売店や夜間無人になる企業などが導入するものというイメージがありました。

しかし近年では福祉施設に防犯カメラを設置するケースが増加しています。 理由は2つあります。

1つは不審者の侵入防止です。高齢者や介護が必要な人が多い福祉施設は盗難や強盗などのターゲットにされやすいため、外部から不審な人物が入り込まないかどうかチェックするのに欠かせないのです。

そして2つ目は、施設利用者の徘徊防止です。福祉施設には認知症を患っている人も多く、中には施設内のみならず、施設の外にまで出て行ってしまうケースが少なくありません。

警視庁が公表している平成27年中の行方不明者の状況によると、行方不明者の数はここ数年ほぼ横ばいである一方、70歳以上の行方不明者数で見ると平成25年以降増加傾向にあり、全体のおよそ2割を占めています。

さらに、原因種別で見ると、認知症による行方不明者数は平成24年の11.8%から年々増加し、平成27年では14.9%に達しています。

参考:『平成27年中における行方不明者の状況』警察庁生活安全局生活安全企画課

超高齢化社会の現代日本では、認知症による徘徊および行方不明者数は今後も増えていくと予想されています。中には徘徊の末、命を落としてしまったケースもあることから、福祉施設での防犯カメラ設置は施設利用者の安全を守るために必須と言えるでしょう。

日本防犯設備ではそんな福祉施設のニーズに応え、これまで数多くの防犯カメラを設置してきました。

以下、実際の設置事例をいくつかピックアップして紹介します。

徘徊防止センサーシステムの設置で安全な施設作り

まずは介護福祉事業所に徘徊防止センサーシステムを設置した事例です。設置先の施設はかなり規模が大きく、スタッフだけではすべての入所者の動きをチェックするのが難しい状況でした。

そこで日本防犯設備は、高画質のAHD屋内ドームカメラを院内各所に2つ設置し、さらに出入り口付近にはワイヤレスセンサをセット。院内各所が事務室から簡単に一望できるようになった上、ワイヤレスセンサが人の出入りをすぐに検知して通報してくれるので、入所者の徘徊を即座に発見できるようになりました。

また、屋外にも赤外線カメラを設置しているので、外部からの侵入者はもちろん、内部からの外出もしっかりチェックすることが可能。他社の赤外線カメラは夜間の暗視が暗く、鮮明な画像は望めないのですが、日本防犯設備の赤外線カメラは夜間もまるで日中の映像のような鮮明さを保っているので、危険を見逃す心配はありません。

これだけの万全設備でありながら、月々のコストは14,000円で収まるところがうれしいですね。

非常通報装置で夜間徘徊を防止

最近はサービス付きのシニア向け住宅棟も増えていますが、高齢者が多いぶん、夜間徘徊に悩まされているところも少なくありません。

日本防犯設備では、そんなシニア向け住宅棟に200万画素の高画質監視カメラとドアスイッチ、そして非常通報装置を導入。映像で夜間徘徊をチェックできるのはもちろん、特定のドアが開かれると非常通報装置がチャイムで知らせてくれるので、徘徊者が外に出る前にストップをかけることができます。

センサーと言うと誤作動を起こしやすいというイメージがありますが、日本防犯設備で取り扱っているセンサーは人間だけに反応する最新テクノロジーを搭載しているので、監視する方も誤作動で振り回される心配がなく、信頼性は抜群です。

また、非常通報装置は万一のための非常押ボタン付きで、もし不審者が侵入してきたときはボタンひとつで警備会社などに通報できるため、防犯対策もばっちりと言えるでしょう。

月々のコストも約10,000円とリーズナブルで、最小限のコストで施設内外の事故をしっかり防ぎ、防犯まで対策することができます。

信頼できる防犯カメラの設置業者ランキング

※施工費用に関して画素数200万以上のカメラ、遠隔監視システム、工事費込みで
見積もりを出してもらいました。

  1位防犯カメラ
情報センター
2位ゼスト 3位中央防犯
センター
施工費用 12万円~ 19万3,000円 20万円前後
エレベーター
への設置
×
  公式サイト 公式サイト 公式サイト