高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置会社ランキング

高品質な防犯カメラを安く導入するための業者選び

コンビニ・店舗

スーパーマーケットやコンビニ店舗での防犯カメラ設置事例を紹介しています。

コンビニ・店舗での防犯カメラ活用例

防犯カメラ

万引きや強盗といった犯罪、また、従業員によるお金の抜き取りなど、内引きに対応するために、防犯カメラが活躍しています。

レジ内の金額不一致が相次いで

都内のカレーチェーン店での事例です。元々、フランチャイズ本部からは、カメラの設置を指示されていましたが、オーナーの裁量に任されていること、他の防犯設備を導入していることから、特に設置する予定はなかったそうです。

ところが、他店オーナーから「防犯カメラを付けてから、レジのお金が合うようになった」という話を聞いて、導入を決めました。

設置後、特に防犯カメラの映像を確認はしていないそうですが、期待していた犯罪抑止力は発揮できていると言えそうです。

以下よりは、実際に犯罪を暴き、抑止力にもなっている事例、そして設置したカメラが、どのような防犯カメラだったのか?なども紹介していきます。

防犯カメラ設置で暴かれた悪質な抜き取り事件とは?

昨今のレジは様々な機能が搭載されているため、様々なことができてしまいます。皮肉にも、この素晴らしい機能を信じすぎてしまったことで悪質な抜き取り事件に繋がってしまった事例です。一言で言ってしまえば、空精算を行ったということ。

  1.  最初にレジに来たお客さんに「レシートはいりますか?」と質問
  2.   不要と回答したときのみ抜き取り実行
  3.  とりあえず全商品を読み取り合計金額を提示(確定はしていない状態)
  4.  この状態で支払いをしてもらう
  5.  お客さんが去ったら確定をしていない商品をいくつかキャンセル
  6.  精算を確定しキャンセルした分の差額をポケットへ

これが悪質な理由は「商品だけが減って万引きにあったと勘違いしてしまう」という点。お店側も、レジを信じ切ってしまっているため、まさか確定させない抜き取る方法があるなんて思ってもいません。しかし、防犯カメラを設置したことにより、このバレなかった店員の抜き取りを暴くことができた事例になります。

このとき活躍した防犯カメラは高画質が売りのものです。店員がレジで何やら不審な動きをしてところ、高画質だったおかげで「何をしていたのか?」が一目瞭然だったのです。

(最新のレジでは、誰がキャンセルしたのか?のログも残るため、防犯カメラがなくても直ぐに犯人探しができるようにはなっているようです)

飲食店は本当に多い金額不一致

レジ

飲食店は在庫管理が難しいため、金額不一致になってしまうことが本当に多いです。そのため、レジ付近には必ず防犯カメラを設置することが重要になります

見えてなかったからこそ、大胆不敵な抜き取り事件も発生しています。それが「電卓」です。アナログの飲み屋は、まだまだ手書きで伝票を作ることがあります。忘年会など大きな飲み会のとき、まずは電卓で会計を済ませお金を手にします。その後、レジ打ちをするわけですが、わざと少なめに入力するわけです。そして差額を抜き取れば容易にバレずにお金を手にすることができます。

先で触れたように、飲食店は在庫管理が難しく、ちょっとした差分は分かりません。多めの量で作ってしまったのかな?程度で終わってしまう場合も。

このようなアナログな店舗では、防犯カメラは大いに活躍をしてくれるため、金額不一致で悩んでいるのであれば導入を考えてみるのもよいかと思います。

お札の柄まではっきり見えるカメラにリニューアル

都内のスーパーマーケットでの事例です。セキュリティを強化するために、室内用の防犯カメラを8台、集音マイクを1台導入しています。

レジ上に設置されたものは、オーナーからのリクエストにより、お札の柄がはっきりとわかるほど高画質なカメラが採用されました。アングルやピントの調整には、非常に苦労したようですが、調整後の映像を見て、オーナーはとても感激していたのだとか。

また、集音マイクはたった1台で、レジ周辺の会話を録音できる優れもの。お客さんと店員のやり取りが明確になり、クレーム対応にも役立てられますね。

防犯カメラと集音マイクが暴いてくれた手口とは?

集音マイクが活躍した事例になります。レジ係のスタッフと、そのスタッフの友人が共謀し、レジを通したフリをして商品を盗む手口です。

正直なところ、この手の手口は昔からありますし、防犯カメラで不自然な動きを確認して捕まえる事例も多いです。しかし、この2人、とにかくやり方が上手く防犯カメラでは、なかなか発覚されなかったのです。

そんなとき、たまたま集音マイクを業者からおすすめされた店主は、ダメ元で導入。そして直ぐに成果を出します。

なんとスタッフとその友人の共謀している様子の会話が録音できたそうです。そして、このときのレジの入力ログと、映像の録画時間と、そして録音内容で「黒」と確定し御用となりました。

「サービス向上のため録音しています」と、集音マイクが設置されている旨がレジに記載されていたにも関わらず気付かなかったようです。ともあれ、どのような形で活躍してくれるか分からないため、集音マイクを防犯目的で設置するのもよいでしょう。

悪質なイタズラに損害賠償請求を可能に

カメラの映像

スーパーマーケットで異物混入という悪質なイタズラをされてしまったお店が、逆に損害賠償請求をすることができた事例になります。活躍してくれたのは、追尾可能な(首振り操作ができる)防犯カメラ。

異物混入のクレームがお客さんからあったため徹底的な調査をします。その結果、怪しい人物が防犯カメラに写っていたことを発見。後日、再度、来店した怪しい人物を追尾できる防犯カメラで追い異物混入の決定的瞬間の録画に成功。無事、捕まえることができお店の名誉を守ることもできました。

さらに、大きな損害を受けてしまった額を犯人に請求。映像が決め手となり、賠償命令がくだされました。固定カメラでは暴くことができなかったかもしれない事例と言えます。状況に応じて首振り操作ができるカメラも検討するとよいでしょう。

コンビニや店舗での防犯カメラの用途とは?

店内に設置されているすべての防犯カメラが、万引き対策とは限りません。

様々な犯罪の抑止力になったり、店舗のサービス向上にも役立てることができたり、多くの利点があります

防犯カメラを上手に運用することで、店舗の経営も少しは楽になるのではないでしょうか。

トラブルチェックをするためレジ上に設置

レジ周りはどうしてもトラブルが多くなってしまう場所です。先程から触れている「お金を抜くスタッフ」だったり、接客マナーがなっていないスタッフがお客さんと揉め事を起こしたりと。

逆にお客さんからの嫌がらせなどのトラブルにも応対することが可能です。クレームが入ったときの事実関係を確認する作業では大活躍をしてくれます。このような様々なトラブルに対応するためのチェックができるのも防犯カメラを導入する理由になるはずです。

バックヤードに隠しカメラ設置で内引き対策

お店の裏側になるバックヤードにも監視カメラを設置することをおすすめします。できれば隠しカメラにするとよいです。理由はバイトを始め働いているスタッフが内引きをしてしまう事例が多いからです。

実は万引きよりも被害額が大きいと言われており、店主としては何が何でも防ぎたいところ。また、バックヤードは死角が多いため、泥棒も入ってきやすいです。だからこそ、しっかりと監視し対策する必要があります。

店舗内カメラは在庫や人の動きをチェック

リアルタイムで状況把握するために店舗内カメラを設置します。当然、万引き対策の意味もありますが、それ以上に在庫の状況や人の動きをチェックすることが主となります。例えば、レジ待ちの人数が多くなったとき、事務所やバックヤードから直ぐに応援ができるように監視カメラで動向を確認しないといけないわけです。

また、お客さんの動線も確認することで人気商品など「在庫を増やしたほうがよい」などの判断も可能となります。店舗内の防犯カメラは、1つのカメラで多数の仕事をこなしてくれる万能カメラの位置づけになるのです。

店外のカメラは警察の手助けになることも多々ある

店外に防犯カメラを設置する理由は、やはりトラブルチェックです。色々と問題が起きやすい場所になるため状況確認をするためにも必須の防犯カメラ。他にも大きな存在理由があります。それが、警察への協力です。

例えば、犯罪に使用された車の逃走経路を割り出すとき、コンビニなどの設置された防犯カメラが役立ちます。逃走車が、その道路を通ったか?という確認ができる場合があるからです。中には、この現状を見据え敢えて道路も撮影するような位置に設置する店主もいるようです。

色々な防犯カメラを使用用途によって比較!

ここで説明をした防犯カメラは全て同じものではなく、1つ1つ特徴を持った防犯カメラになります。例えば、スーパーマーケットの防犯カメラは「人を追いたい」というニーズがあるため、管理室でカメラの向きを操作できるものが好まれます。レジの抜き取りを監視するため手元を観るためにズーム機能があったりと。

これらも踏まえ、どこの業者に防犯カメラの設置を依頼するのか?は、お店の行く末を左右するぐらい重要なことです。いくつか優良業者をピックアップしてあるため、ぜひ参考にしてみてください。必ず望む業者、防犯カメラが見つかるはずです。

信頼できる防犯カメラの設置業者ランキング

※施工費用に関して画素数200万以上のカメラ、遠隔監視システム、工事費込みで
見積もりを出してもらいました。

  1位防犯カメラ
情報センター
2位ゼスト 3位中央防犯
センター
施工費用 12万円~ 19万3,000円 20万円前後
エレベーター
への設置
×
  公式サイト 公式サイト 公式サイト
高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置業者ランキング
【特集】エレベーターに防犯カメラを設置するには?