高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置会社ランキング

高品質な防犯カメラを安く導入するための業者選び

防犯カメラの設置会社ランキング » 優良業者が提案する防犯カメラの設置事例 » 犯罪から人命を守る病院の防犯カメラ設置の重要性

犯罪から人命を守る病院の防犯カメラ設置の重要性

病院には様々な病気の方の個人情報が集まります。その一方でどんな人物でも侵入しやすく、防犯対策をしっかり行わないと思わぬ事件が巻き起こる可能性もあります。そこで重要になるのが防犯カメラ。病院内での防犯カメラ設置の重要性について考えていきましょう。

個人情報漏えい・異物混入など病院内で起こる可能性が高い事件

病院には様々な人が出入りします。患者やその家族、または医者と偽って侵入することも容易で、犯罪が起こりやすい場所でもあります。
病院内でのトラブルの中でも多いのが盗難です。ふと目を離したすきにバッグがなくなっている、財布を盗まれたなどの被害が相次いでいます。患者が犯人の場合もあり、未然に防ぐのが難しい問題といえるでしょう。

また、個人情報の漏えいも問題となっています。医師や看護師がカルテを盗み見て個人情報を悪用するというケースもあり、一般の薬局などでは入手できない特別な薬品の盗難も、思わぬ二次被害につながることがあります。

さらに盗難だけでなく、薬品に異物を混入させる、すり替えるなど、非常に悪質な犯罪も起こります。こちらも部外者だけでなく、内部の人間が犯行に及ぶ可能性があります。
患者による医者、看護師への暴力も見逃せません。セクハラ行為や立ち入り禁止の場所への無断の立ち入りなども問題となっています。

犯罪率を下げる・犯人を特定する・トラブルを防ぐ役割がある

これらの事件を未然に防ぐことができるのが防犯カメラです。防犯カメラを設置していることで不審者が警戒し、病院内での犯罪率を下げることが可能になり、また、撮影した映像を記録しておけば、事件が起こってから解決までのスピードも格段に早くなるのです。患者の暴力行為やセクハラ行為などは裁判の際の証拠にもなります。

さらに、病院内での思わぬトラブルの際にも防犯カメラは活躍します。医師、看護師の目の届かない場所で重症患者が倒れたり意識を失ってしまった非常事態など、防犯カメラに映っていればすぐに駆けつけ、治療を施すことが可能になります。徘徊するクセのある患者を監視するのにも役立ちますね。

このように、病院内に監視カメラを設置することは、犯罪を防ぐだけでなく患者の命を守ることにも一躍買っているのです。

個人情報の集まる場所や公共の場所での設置がおすすめ

では、病院内に防犯カメラを設置する際、具体的にどのような場所に設置するのがいいのでしょうか。
まず考えられるのが、待合室などの公共の場所です。窃盗などの犯罪が置きやすい場所でもありますので、真っ先に設置を検討することをおすすめします。
また、思わぬトラブルや事件が置きやすいろうかへの設置も重要です。医師や看護師の目の届きにくい場所に設置するようにしましょう。

さらに薬品を保管している部屋やその近くの廊下、カルテを管理しているナースステーションなどへの防犯カメラの設置も重要です。不審者だけでなく、医師や看護師など内部の人間による犯罪を未然に防ぐことができます。

重要な医療機器が集まる立ち入り禁止区域の付近にも防犯カメラを設置しておきましょう。患者や医師、看護師の立ち入りを防ぐだけでなく、不用意に近づかないよう威嚇する意味合いを持たせることも可能です。

患者の心理やプライバシーを守る配慮も必要

個人の病室やトイレなどに防犯カメラを設置するのは、プライバシー保護の観点から見ても注意が必要です。徘徊する可能性がある患者の病室の出入り口や、トイレ近くの廊下に設置するなど、患者のプライバシーを侵害しない場所を考えていきましょう。

また、あまりにも多くの防犯カメラを病院内に設置すると、患者に圧迫感を与えてしまうかもしれません。「常に監視されている」という意識を植え付けてしまう可能性があります。
患者が落ち着けない環境を作ってしまわないよう、防犯カメラの数を減らしたり、見えにくい場所に設置する必要があるでしょう。

信頼できる防犯カメラの設置業者ランキング

※施工費用に関して画素数200万以上のカメラ、遠隔監視システム、工事費込みで
見積もりを出してもらいました。

  1位防犯カメラ
情報センター
2位ゼスト 3位中央防犯
センター
施工費用 12万円~ 19万3,000円 20万円前後
エレベーター
への設置
×
  公式サイト 公式サイト 公式サイト
高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置業者ランキング
【特集】エレベーターに防犯カメラを設置するには?