高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置会社ランキング

高品質な防犯カメラを安く導入するための業者選び

マンション・アパート

分譲・賃貸マンションでの防犯カメラ設置事例を紹介しています。

マンション・アパート共有部分での防犯カメラ活用例

マンション・アパート 防犯カメラ

近年は防犯意識の高まりがみられ、ごく一般的なマンションやアパートでも、防犯カメラが導入され始めています。

特に独身女性が多い賃貸アパートのオーナーさんは、早めに導入を検討すれば、空室対策にもつながりますよ。

賃貸マンションで設置しておきたい場所は?

住民や宅配業者、各部屋への来客など、頻繁に人が出入りするマンションのエントランス部分に設置すれば、不審者が入りにくくなります。また、通路やエレベーターの中はもはや必須でしょう。

さらに、郵便物の抜き取りによる個人情報の漏えいを防ぐ意味でも、集合ポストの周辺にも防犯カメラは必要です。余裕があれば、自転車置き場や駐車場にも設置しましょう。自転車の盗難やいたずら防止に効果を発揮します。

マンションでは住人を装って、無関係な人が侵入し、問題になるケースがあります。そうした事態を防ぐためには、マンションの裏側や非常口の周辺といった死角になる箇所もカバーできるよう、ワイヤレスカメラやネットワークカメラの導入がおすすめです。

エントランス(玄関)

先述で触れましたが、エントランスは共有スペースであり、部外者も利用します。カメラがない状態であれば、不審者の不法侵入も考えられます。

さらに、公共物の損壊やゴミの投棄、ペットを連れ込んだり、禁煙スペースで喫煙したりといった住人のルール違反も見逃してしまう可能性があるでしょう。

防犯カメラを設置することによって、これらのトラブルの抑止効果がある上に、万が一何かが起こった時には証拠となります。さらに、犯人特定につなげることができ、住人の不安が和らぐなどのメリットがあります。

デメリットとしては住人に威圧感を与えることがあるため、設置の際はカメラの形状などに配慮した方がよいでしょう。

ゴミ捨て場

ゴミ捨てには、それぞれの住む地域や各マンションによって決まりがあります。住人の中には、曜日や時間を守らない・分別しない・指定されたごみ袋を使用しないなど、決まりを守らずにゴミ出しをする人もいるかもしれません。そういった場合は、住人同士の揉め事に発展する場合も多く起こります。

また、特に問題なのが、部外者のゴミの不法投棄やゴミを漁って個人情報を盗むなどの犯罪行為です。

防犯カメラを設置しておくだけで抑止効果があり、もし不法投棄をされた場合には証拠にもなるでしょう。警察に提出して逮捕につながれば、再犯の防止にもなります。

駐車場

駐車場でのトラブルとして考えられるのが、車内の備品や貴重品を盗む車上荒らしや、タイヤやホイール・ナンバープレートなどの部品の盗難、車に傷をつけたり汚したりという嫌がらせなど。

犯罪者から目をつけられないような駐車場にするには、常に「見られている」という印象を与えるよう、目立つ場所に防犯カメラを設置するのが効果的です。住人の車を車上荒らしから守ることにつながります。

屋外用の防犯カメラは、屋内用にくらべてややコストが高いため、設置する場所やカメラの種類をしっかり吟味したほうがよいでしょう。

ベランダ

防犯カメラに関する法律や条例は日本にはないため、プライバシーに気を付ける部分がどこまでなのか、曖昧なところがあります。

そのため、マンションの場合、カメラを設置する場所として「共有場所においては問題ない」という考え方の方が多いかもしれません。

例えば、ベランダや室内が映り込んでしまう場合は、プライバシーの観点からいうと「避ける方がよい」ということが考えられます。

もしも防犯上必要な場合は、専用部分が撮影範囲に入ってしまうのであれば「プライバシーマスキング」機能を使用するなどで対応をするようにした方がベターです。

エレベーター

エレベーター内は密室であるため、痴漢などの被害が起こりやすい場所です。防犯カメラを設置することで、犯罪行為やエレベーターへのいたずら・トラブルなどを防ぐ効果があります。

「防犯優良マンション」に認定されるには、エレベーター内への防犯カメラの設置は必須。エレベーターホールにカゴ内が見られるモニターを設置しているマンションも最近では増加中です。

エレベーターへの防犯カメラの設置には、工事に専門の資格が必要になるため、工事費用が高くなってしまいます。また、設置までにだいたい1週間はかかるため、急ぐ場合は注意が必要です。

マンションに最適な防犯カメラプラン

実際に防犯カメラを設置する際には、やはりプロの手に任せるのが一番。おすすめした2社の簿出るプランを紹介していきます。

●中央防犯センター

平成19年に創業以来、真摯な思いで防犯に特化してきた会社です。年間実績1,200件の数字を見るだけでも、多くの個人、企業に信頼されていることがわかるのではないでしょうか。

モデルプランとして小、中、大マンションの3つのプランを展開。それぞれの防犯において、適切なカメラ台数やコストパフォーマンスの良さを誇ります。

小規模マンション用で防犯カメラ、レコーダー、モニター、キャビネットが各1台ずつ。6年間リース(保証あり)で、月6,100円から運用が可能となっています。

●アルコム

2003年に創業、複数の加盟団体に所属しており、高い防犯技術を誇る防犯カメラ専門の会社になります。販売実績は多岐にわたり、防犯カメラのセット販売なども受け付けています。

基本的には防犯カメラを販売する会社になりますが、設置から保守まで相談可。お任せ見積もりなど、機械には疎いという方でもしっかりとした防犯を叶ることができるでしょう。

現在までに手掛けてきた一例としては、組み合わせセットでカメラ4台、レコーダー1台、モニター1台、キャビネット1台で79,800円から。保証は標準的なものとして3年になります。

●防犯カメラ情報センター

2004年に設立されたこちらの会社は、監視カメラの設置と保守管理を主軸としており、高い技術力と先端技術の導入に定評があります。 エレベーターへの防犯カメラ設置工事は、独自の技術でコストを抑え、低価格での施工と、全メーカーのエレベーターに対応が可能。

セット種類 価格
エレベーター設置のセット 税込270,000円〜(カメラ・録画機・ケーブル・USB延長ボックス・工事費用込み)
マンション全体への導入セット 税込450,000円〜(カメラ・録画機・ケーブル・ルーター・工事費用込み)

法人であれば月5,000円~の、リースも可能。個人でも月払いに対応してくれます。

マンションに防犯カメラを設置するメリット

マンションに防犯カメラが必要である、ということが分かった後に気になるのは、実際的にどのようなメリットがあるのかといった点でしょう。

マンションに防犯カメラを設置することによって、以下のようなメリットが考えられます。

  • マンション近隣の犯罪抑止になる
  • マンション内の不審者徘徊の制限
  • 実際に事件・事故があった際の証拠になる

防犯カメラを設置しようと考えるのは、通常、なにがしかの事件や不安があった後であることが多くなります。しかし、安全面を考えるのならば、何か起こった後に動くのではなく、何もおこさせないことが一番。

防犯カメラを設置しておくことは、何かあった時のためだけではなく、犯罪の抑止力としても働いてくれるのです。

マンションに防犯カメラを設置するデメリット

防犯カメラには、犯罪の抑制になるというメリットがある反面で、以下のようなデメリットも存在します。

定期的な設備交換が必要

防犯カメラは機械なので、長年使用していると故障してしまう可能性があります。一般的に6~8年を目安に設備の交換をするのが好ましく、もちろんその度に費用がかかるでしょう。

防犯カメラ設置契約には、買取・リース・レンタルなどがあり、保守が付いているものとそうでないものがあるため、内容をよく確認した上で設置してください。

居住者のプライバシーに触れる

カメラを設置する場所によっては、居住者の姿や行動が写ることになります。管理組合も常時カメラを確認しているわけではありませんが、防犯カメラの映像がプライバシーに触れることについては、あらかじめ居住者に伝えておかなければなりません。

高級マンションの住民からも好評

高級マンション

首都圏の閑静な住宅街に近い場所にある高級賃貸マンション。中には20畳ものリビングでくつろげる部屋もあるのだとか。

そのマンションの住民から「小さい子どものためにも、セキュリティを強化して欲しい」という要望が管理会社に届いたことで、防犯カメラが導入されました。

人の出入りがあるエントランスをはじめ、マンション内の4ヶ所に設置したところ、安心して暮らせるという声が多く挙がったそうです。また、防犯カメラのひとつが集合ポストに向いているからなのか、迷惑チラシの投函も減っているのだそうです。

マンションに防犯カメラを設置する際の注意点

防犯という点から見ればとても重要なカメラですが、反面いくつかの注意点もあります。その中でも最たるものとされるのが、居住者のプライバシーに触れてしまうかもしれない点です。

安全を考えれば反対する方は少ないでしょう。しかし、告知を徹底しておかなければ、無用なトラブルの種にもなりかねません。すでに居住者がいる状態から新しく防犯カメラを設置するのなら、最初にしっかりとした説明を子足らないようにしましょう。

また、それだけ最新鋭の防犯カメラであったとしても、機械である以上メンテナンスや交換の必要は必ず出てきます。コストパフォーマンスだけで選ぶのではなく、交換、メンテナンスに関してもおろそかにしないよう注意しましょう。

マンションに防犯カメラを設置する際の相場

では実際にマンションに防犯カメラを設置、運用していく場合どの程度の費用が必要になるのでしょう。安全を買うためだとは言っても、継続することができなければ意味がありません。

また、防犯カメラを運用していくには初期費用だけではなく、月々の費用も掛かってきます。漬ければそれだけでおしまいではない、という点は盲点になりやすいのでしっかりと把握しておきましょう。

中規模マンションを例にして、エントランスに2台、エレベーターに1台、駐輪場に1台として考えていくとしましょう。それぞれカメラの購入費用を平均額である20,000円×4台、電源となるスイッチングハブが30,000円、レコーダーが300,000円、モニターに30,000円とした場合の総額は440,000円となります。

上記は初期費用となり、保守、メンテナンス契約はおよそ5,000円から15,000円程度。すべて合わせれば455,000円ほど。

ただしこれらはあくまでも初期費用です。また、各機器を購入するのではなくリースにした場合、初期費用をぐっと抑えることも可能です。マンションの規模や保守の仕方によって、選んでみるといいでしょう。

マンションに向かない防犯カメラ

一番にあげられるタイプは、防犯カメラにライトがついているもの。人感センサーを搭載することで、人が近づいた際にライトがつくようなものですね。

一軒家など個人でつける際には人気の高いモデルですが、マンションにはあまり向かないタイプだといえるでしょう。何故なら、一軒家とは違い人の出入りが激しい建物では、電力の消耗が激しいから。

また、ついたり消えたりを頻繁に繰り返しては、そこに防犯カメラがあると宣伝しているようなものです。抑止力の面から言えばメリットにはなりますが、対策を立てられやすいともいえるでしょう。

マンション向きの防犯カメラ

反してマンションに適した防犯カメラといえば、撮影場所が限られるタイプ。場所全てを撮影するのではなく、ピンポイントで人が通る場所を撮影するようなタイプが向いているといえるでしょう。

これは、マンションのように多くの人が暮らす場所では、防犯とともにプライバシーも考慮する必要が出てくるからです。人が必ず通る場所だけを撮影していれば、プライバシーに配慮しながら、最低限の防犯をかなえることができるでしょう。

防犯カメラの運用ルール

防犯カメラを設置する際には、居住者のプライバシーに触れますので、運用ルールを決めておきましょう。

映像の閲覧条件

映像の中には、個人情報やプライバシーも含まれています。そのため、誰でも閲覧できてしまうのは良くありません。犯罪行為が起きた場合や警察から協力を求められた時など、閲覧を許可する条件を決めておきましょう。

閲覧する人を決めること

映像内容を客観的に確認し悪用を防止するためにも、複数人が同席した上での閲覧が最適です。ただ、あまりにも人数が多いと情報漏洩に繋がる危険性がありますので、理事役員の立会いを義務付けるなどの工夫をしてみてください。

映像の管理・譲渡に関する取り決め

記録映像が正しく管理されないと、情報漏洩のリスクが高まります。防犯カメラで撮った映像は、保管場所・保管方法、さらに譲渡する場合の条件もしっかり決めておきましょう。

信頼できる防犯カメラの設置業者ランキング

※施工費用に関して画素数200万以上のカメラ、遠隔監視システム、工事費込みで
見積もりを出してもらいました。

  1位防犯カメラ
情報センター
2位ゼスト 3位中央防犯
センター
施工費用 12万円~ 19万3,000円 20万円前後
エレベーター
への設置
×
  公式サイト 公式サイト 公式サイト
高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置業者ランキング
【特集】エレベーターに防犯カメラを設置するには?