高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置会社ランキング

高品質な防犯カメラを安く導入するための業者選び

防犯カメラの設置会社ランキング » 優良業者が提案する防犯カメラの設置事例

優良業者が提案する防犯カメラの設置事例

このサイトで取り上げている業者を中心に、防犯カメラの設置・提案事例を紹介しています。

防犯カメラの設置事例を紹介

監視カメラを設置している業者

マンションやオフィスビルをはじめ、コンビニや工場、さらには商店街など、ありとあらゆるところに設置されている防犯カメラ。各自治体も補助金を用意して、整備を進めています。

その理由は、防犯カメラを設置することで、万引きや強盗といった犯罪の防止・抑止効果が見込め、万が一、犯罪が起きてしまった場合の証拠を確保できるからです。

ある店舗では、レジ内の金額がいつも一致せず、防犯カメラを設置して解析したところ、アルバイト店員が万引きしていたといったケースもありました。

このほか、古いマンションやテナントビルでも、防犯カメラの設置が増えています。駐車場の車上荒らし、自転車の盗難、ゴミの不法投棄、エレベーターなど施設へのイタズラ、不審者の侵入などのトラブル対処法として防犯カメラを設置。犯罪抑止の効果を高めている事例も、たくさんあります。

防犯カメラの用途はそれだけではありません。オフィスや店舗に設置されている物の中には、従業員や来客状況の様子を確認するツールとして使われているものもあります。

最近では、防犯カメラのライブ映像がスマートフォンやタブレット端末などで簡単に閲覧できるようなネットワーク機能をそなえた防犯カメラも多数登場しており、遠隔地のマネージメントにも活用できるのです。

防犯カメラの設置場所ごとの事例

最適な防犯カメラの種類は、設置場所や稼働させる時間帯によって異なります。そのため、いざ防犯カメラを設置しようとしても、どんな設備・システムを選ぶか、どこに設置すれば良いのかは、素人では判断が難しいもの。

そこで、実際に優良業者がどのように防犯カメラを設置したのかを、簡単にまとめてみました。

防犯の問題上、場所やカメラの画像は載せられませんが、さまざまな環境下での導入ケースを紹介していますので、ぜひ、設置の参考にしてみてください。

防犯カメラの設置で悩んでいる方にとって、最適のシステムを選ぶサポートができれば嬉しく思います。

コンビニ・店舗

万引き対策以外にも、店内トラブルや来客の状況を確認する際に利用できます。レジ付近に設置すれば従業員への盗難抑止力となり、どんな接客対応をしているかも把握できるでしょう。お釣りの渡し忘れ、お客さんへの挨拶や案内、集音マイクも合わせればクレーム対応にも役立ちます。何に対して不満を持たれているか。お客さんにどんなサービスを提供すれば良いか。これまで見えなかった現実を知ることで、これからの運営に活用することが可能。

また、陳列棚付近に設置して来客の様子や、在庫を確認することにも使えます。もちろん陳列棚がどこにあるかにもよりますが、店内の雰囲気や現状が伝わってくるため、防犯しながら市場調査にもなります。

オフィス・会社

防犯カメラを設置すると多くのメリットがあります。

外部からの不法侵入対策

自分の姿が防犯カメラに映ることを警戒して、侵入を諦める可能性が高いです。特に入口ドアが映るように設置しておけば、死角を探すことも困難に。

警備費用の削減

警備員を雇う人件費の削減に繋がります。これまでどこへ配置していたかにもよりますが、1度防犯カメラを設置すれば安定的に稼働

情報や技術流出の防止

自社の情報を他社へ漏洩して利益を得たり、企業秘密を伝える行動の防止へ。新しく開発したノウハウなど、価値の高い情報や技術を守りましょう。

犯罪行為の証拠記録になる

オフィス内で犯罪行為が行われた場合、証拠として提出可能。

支店や営業所の様子を確認

離れている場所をリアルタイムに確かめることで、不安や疑問を解消。

マンション・アパート

エントランスやエレベーター付近へ設置することで、女性や子育て世帯へ安心感を持ってもらえます。生活リズムが違えば、同じフロアに住んでいる住人の顔でさえわからないことも。明るい昼間なら大丈夫でも、夜になって人通りが少なくなれば、セキュリティ面の不安は尽きません。

自転車置き場や駐車場への設置は、盗難やイタズラ防止にもなります。住人とは関係のない人の出入り、迷惑なチラシのポスティングなど、防犯カメラで管理人さんに確かめてもらえば安心できることも多いでしょう。

工場・倉庫

作業や工程の進行具合を確認し、安全面や衛生状態に気を配ることができます。ラインに問題が起きていないか。手順に沿って進んでいるか。現場まで行かなくても様子がわかることで業務の見直しを考えたり、従業員の健康を管理することも可能です。

倉庫へ設置すれば、盗難や紛失の防止に利用することもできます。工場や倉庫は広い敷地にあることが多く、周辺への配慮から壁や塀で区切られている場合も珍しくありません。複数の出入り口があれば、外部から侵入者に気づけない可能性もあり、すべてを見回る時間を想定すれば防犯カメラを置いたほうが早いです。

駐車場

屋外へ車を展示している自動車販売店などは、防犯カメラを設置して車やバッテリーなど部品の盗難防止に一役買ってもらえます。夜間にも対応する赤外線機能タイプであれば、はっきりとした映像を残し証拠能力も充分。硬貨で車に傷をつけたり、タイヤをパンクさせるようなイタズラも監視しておきましょう。

運送会社であれば、荷物の保管場所や出入り口付近などさまざまなポイントへ設置可能。お客さんから預かった大切な荷物を厳重に保管し、管理している状態も一目瞭然。車の出入りを確かめるだけでなく、業務効率や従業員の作業状態を振り返って、環境整備や社員教育へも活かせるでしょう。

路上・商店街

路上・商店街など不特定多数の人が通行する場所は、防犯意識の確立と抑止力の高まりを期待できます。どんな人物が目の前を歩いているか、瞬時に見て判断することは不可能です。事件が起こった場合、録画しておいたものを警察や消防からの要請で提出すれば、犯人検挙にも協力できます。町内会単位で設置しているところもあり、夜間の防犯対策として取り入れられています。

文化財や賽銭の盗難、不審火や建造物への破損が心配される神社やお寺など、自衛手段としての防犯カメラ設置例も増えています。本来は設置するような場所ではなかったのですが、増加傾向にある犯罪やイタズラへの対応策として検討されているのです。

効果が高い防犯カメラの設置場所3選

せっかく設置するなら効果的な場所を選んでください。

戸建て

  • 玄関(人の顔が間違いなく映る角度で取り付けましょう)
  • ベランダや勝手口(鍵を閉めないなら用心のため)
  • 屋内で侵入者の通るポイント(貴重品が置かれている場所と結ばれているスポットへ設置)

マンション

  • エレベーター(複数箇所から見えるようにする)
  • 郵便物受け取り付近(防犯カメラが作動していることを知らせる)
  • エントランス(入って行く姿と出て行く姿を映す)
  • 内部階段(侵入検知センサーとの併用も)

戸建ては近所付き合いや周辺の環境もありますが、夏場は窓を開け放していたり、近所のゴミ捨てに鍵を閉めない場合もあります。そのため外壁を目隠しに利用した不審者の侵入を防ぎましょう。マンションは管理会社の方針にもよりますが、住人の数が多いので管理体制を整える必要があります。

犯罪から人命を守る病院の防犯カメラ設置の重要性

命を救う場所なので、防犯カメラを設置してトラブル防止に役立てましょう。医療関係者や患者さん以外にも、見舞い客や業者など多くの人が出入りします。警察や消防、場合によってはメディア関係者も。病院という公共性があればあるほど防犯対策は必要になるため、効果の面から考えてみてください。

  • 盗難や紛失トラブル防止
  • (順番を呼ばれてバックを置き忘れる 他人のものと間違えて持ち帰る)

  • 異物混入を防止
  • (投薬の間違い 薬のすり替え)

  • セクハラやパワハラの防止
  • (医師から看護師や患者さん 患者さんからの暴力 家族からのクレーム)

  • 徘徊する患者さんの管理
  • (夜勤看護師不足への対応)

ただ、気をつけなければならないのは、個人のプライバシーに関することです。保険証や診察券、診断書やお薬手帳など、多くの個人情報があるので取り扱いに注意してください。

防犯カメラを戸建てに設置する重要性とそのポイント

防犯カメラを設置するのは資産家だけのようなイメージもありますが、まずはメリットを紹介します。

犯罪防止や犯罪の証拠となる

悪質な勧誘や窃盗などの被害を防ぎ、被害に遭った場合でも証拠を残せる

子供を留守番させなければならないときの安心

やむを得ず子供だけにしても、ネットから自宅の様子を確認できる

高齢者や乳幼児など目を離すと心配な家族がいる場合、ずっと同じ部屋で過ごすことが難しいなら、防犯カメラを利用することで見守ることも可能。ペットの場合も同様です。また、ストーカーやご近所トラブルを防ぐためにも、門扉取り付けておくと効果的でしょう。

学校に防犯カメラを設置する重要性と事例

一見安全と思われる学校ですが、先生や生徒、保護者や業者以外にも出入りがあります。体育祭や文化祭に地域の住民が参加する場合や、卒業生が懐かしんで足を運ぶことも。そのため教育現場の環境を整えることは重要な課題です。

録画機能を搭載して不審者侵入対策

備品盗難や不法投棄、校舎や設備の破損防止

職員室へモニターを置いて確認することで、犯罪に巻き込まれることを減らせます。

さらに通学路への設置が推奨されています。教員や保護者からの要望を地域住民が了承し、みんなで子供たちの安全を確保するために取り組んでいます。防犯カメラを設置することで、誘拐やイタズラ目的の犯罪を抑止します。

>>【特集】エレベーターに防犯カメラを設置するには?

信頼できる防犯カメラの設置業者ランキング

※施工費用に関して画素数200万以上のカメラ、遠隔監視システム、工事費込みで
見積もりを出してもらいました。

  1位防犯カメラ
情報センター
2位ゼスト 3位中央防犯
センター
施工費用 12万円~ 19万3,000円 20万円前後
エレベーター
への設置
×
  公式サイト 公式サイト 公式サイト