高品質な防犯カメラを安く導入するための業者選び

サイトマップ

HOME » 防犯カメラの基礎知識 » 耐用年数

耐用年数

お店やオフィスに防犯カメラを設置した際の、減価償却の方法や耐用年数について紹介しています。

防犯カメラの耐用年数はどのぐらい?

新しく導入された防犯カメラも会社やお店の資産。年に1回、決算という形で報告しなければなりません。では、防犯カメラの法定耐用年数はどのくらいなのでしょうか。

防犯カメラと録画機・モニターなど、防犯設備として使用する場合、インターホンや放送用機材とみなされ、6年間の耐用年数が適用されます。つまり、設置後6年間は防犯カメラの設置に要したお金を、経費として計上できるのです。

また、店舗全体をカバーできるように防犯カメラシステムを設置した場合、カメラ1台ずつではなく、店舗単位での計上が必要です。但し、機器の増設や買い替えなどで総額に変更があった場合は、減価償却費の計算方法が変わります。

実際には何年使用できる?

店舗やオフィス、工場などに設置する防犯カメラ。その平均使用年数は長くても5年程度と言われています。また、多くのメーカーも、保証年数を5年としており、生産・設置からそれ以上の年数が経っている場合、そのモデルが生産終了となっているケースもあるのだとか。

中には、設置から10年経っても何の問題もなく動き続けているものもありますが、多くの機材は5年もすればどこかしらに不具合が出てくるものです。

また、防犯カメラの世界にも流行があり、5年周期で切り替わるとも言われているので、実際の店舗やオフィスで使われている防犯カメラは、5年ごとに新しいものが設置されているのだそうです。

保証期間内でもこまめなメンテナンスを

防犯カメラは一度設置してしまうと、細かい不具合に気づきにくく、実際に故障するまで放置してしまうケースが多々あります。上記の通り、多くのメーカーでは防犯カメラの保証期間を5年と定めていますが、少しでも長く使用するには、1~2年に1回の定期的なメンテナンスをおすすめします。

また、長く使い続けるためには、信頼できる業者で防犯カメラを購入し、設置までを依頼するといいでしょう。屋外に設置する場合、防水仕様のカメラを選ぶことも、長期間使用するために覚えておきたいことのひとつです。

防犯カメラで撮影した映像は、常にハードディスクに記録されいるので、録画機のハードディスクは消耗しやすくなっています。ハードディスクは消耗品と考え、2年を目途に定期的な交換が必要です。

これから新たに防犯カメラを設置する、またはカメラを交換するのであれば、機材の購入・設置とメンテナンスがセットになっている業者を選ぶのもおすすめです。

防犯カメラの設置・メンテナンスで
柔軟に対応してくれる業者を比較!

 
ページの先頭へ
高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置会社ランキング