高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置会社ランキング

高品質な防犯カメラを安く導入するための業者選び

耐用年数

事業用のマンションやテナントビルに防犯カメラを設置した際、減価償却の方法や耐用年数について紹介しています。

防犯カメラの耐用年数はどのぐらい?

防犯カメラ

防犯カメラも、マンションやテナントビルの資産のひとつ。オーナーの方は、年に1回、決算という形で報告しなければなりません。では防犯カメラの法定耐用年数は、どのくらいなのでしょうか。

防犯カメラと録画機・モニターなど、防犯設備として使用する場合、「事務機器及び通信機器」とみなされ、6年間の耐用年数が適用されます。つまり、防犯カメラの設置に要したお金を、設置後6年間は経費として計上できるのです。

また建物全体に防犯カメラシステムを設置した場合、カメラ1台ずつではなくトータルでの計上が必要です。なお、機器の増設や買い替えなどで総額に変更があった場合は、減価償却費の計算方法が変わります。

実際には何年使用できる?

防犯カメラの耐用年数は6年でも、実際に使用できる年数は設置場所の環境などによって変わります。

防犯カメラ業界では、実際に使える年数は10年といわれているそうですが、正常な作動を考えると平均使用年数は長くても5年程度が一般的なようです。

実際にテナントビルやマンションなどに設置されている防犯カメラは、5年ごとに新しいものへ交換するケースが多く、またメーカー側も5年を過ぎると生産終了となって修理ができないことがあったり、機能面でも数段アップしたものが出ていたりすることもあって、実際に使用できるのは5~6年と考えておいた方がよいでしょう。

メーカーの保証期間は2年が多い

一方、防犯カメラのメーカーには「使用保証」があります。保証期間内に万一故障などがあれば無料で修理・交換などをしてくれるものです。メーカーによってまちまちですが、保証期間は2年が多いです。

またメーカーとは別に設置工事をおこなう業者が保証期間を設けていることもあります。多くはメーカー保証に準じていますが、それよりも長く設けているところもあります。

防犯カメラは一度設置してしまうと、細かい不具合に気づきにくく、実際に故障するまで放置してしまうケースが多々あります。長く使い続けるためには、信頼できる業者で防犯カメラを購入し、設置後も保証が長いところを選ぶと安心。これから新たに防犯カメラを設置する、またはカメラを交換するのであれば、こうした業者を選ぶのもおすすめです。

防犯カメラの設置・メンテナンスで
柔軟に対応してくれる業者を比較!

防犯カメラのメンテナンスのポイント

防犯カメラのメンテナンスのポイントは、できる限り「きれいな状態を維持する」ことです。ホコリをかぶっている、蜘蛛の巣が張っているなど、手入れが行き届いていない防犯カメラは、セキュリティに対しての意識が低いと感じられてしまいます。特に屋外に設置している防犯カメラは汚れやすいので注意が必要です。

メンテナンスの頻度とタイミング

掃除など自分でできるメンテナンスは、2ヶ月に1回程度を目安に行いましょう。大雨や風の強い日の後は、湿気や汚れも激しいので早めのお手入れをおすすめします。

防犯カメラの設置場所

通常は屋外に設置することが多い防犯カメラですが、気温の変化や、雨、風、紫外線に晒され、どうしても壊れやすく、劣化が早くなるので、できれば屋内から監視できるような設置が望ましいです。屋外に設置しなければならない場合は、屋根や軒下など雨に濡れない位置を選びましょう。

またメンテナンスしやすい場所に設置することで、日常のお手入れも簡単になります。ただし、立った姿勢で手が届いてしまう位置では防犯の意味がなくなってしまうので、設置する高さには注意しましょう。

周辺環境による汚れにも注意

防犯カメラの汚れ具合は、周辺環境にも大きくかかわってきます。

車の往来が激しい道路や近くに工場があると排気ガスなどで汚れやすくなり、学校や畑があると風の強い日には砂や土が飛んできます。潮風に晒される海の近くも要注意です。

手入れをしないと、防犯カメラ自体の寿命を短くしてしまうので、日頃から自分でできるメンテナンスを心がけましょう

自分でもできるメンテナンスとは?

防犯カメラは設置業者でもメンテナンスサービスなどを行っていますが、個人でもできることがあります。自分でできる手入れ方法やチェックポイントをご紹介しましょう。

防犯カメラ本体

防犯カメラ本体は乾いた布で拭きます。

化学雑巾などは薬品が使用されているため、カメラ本体が変色する可能性もあるので避けましょう。

防犯カメラのレンズ

レンズはいきなり拭いてはいけません。

ホコリやチリがついたまま拭いてしまうと、レンズに傷がついてしまいます。カメラ用のブロアーでゴミやホコリを吹き飛ばしてから、眼鏡拭きなどの繊維の細かい柔らかい布で軽く拭きます。

レンズ用のクリーナー液があれば、クリーニングペーパーに1〜2滴染み込ませてレンズ全体を拭くときれいになります。細部には綿棒を使うと拭き取りやすいです。

防犯カメラのケーブル

防犯カメラの故障は、雨の水滴がケーブルを伝って接続部が錆びる、ショートするなどのケースもあります。屋外で使用する場合は、ケーブルの接続部を防水テープや自己融着テープで巻きつけましょう。テープは劣化するので、1年に1回は交換しましょう。

また「ハウジング」と呼ばれる、防犯カメラ専用ケースもおすすめです。一体型や別売りのものもあるので、設置場所に合わせて選ぶとよいでしょう。

防犯カメラの機能

機能面についても定期的なメンテナンスが必要です。

ピントやカメラの角度にズレはないか、赤外線に不具合はないかをチェックしましょう。

また、遠隔操作でレンズの向きを変えられるような防犯カメラは、操作を繰り返すことで動く部分に負荷がかかるので、ときどき動作確認することをおすすめします

ハードディスク

室内に設置しているハードディスクは常に録画状態で稼働しているため、カメラより早く故障することも少なくありません。肝心なときに「録画されていなかった」などということがないよう、日頃から録画チェックする習慣をつけましょう。

保証年数が長い&アフターケアが充実している防犯カメラ設置業者5選

防犯カメラ設置業者では、保証制度やメンテナンスサービスなどのアフターサポートも行っています。それぞれのアフターサポートの特徴をご紹介します。

1位防犯カメラ情報センター

無料保証制度 3年 メンテナンス フォロー体制あり
施工費用 12万円~ 保障年数 3年
エレベーターへの設置 資格者の有無 防犯設備士昇降機検査資格者
当日対応の有無 対応エリア 全国

公式HP

M&Mファクトリーが運営する防犯カメラ情報センターは、遠隔監視システム、エレベーター内の防犯カメラシステム、IPネットワークカメラの販売や、自動ドアのメンテナンス業務を行っています。全国展開のマンションディペロッパーをはじめ、官公庁や商業施設、個人住宅など多くの施工実績があります。

安心サポートを第一に考えている防犯カメラ情報センターでは、現場第一主義をモットーとし、熟練した技術者を育成することと先端技術を積極的に導入することで、安全・安心なサービスを提供しています。

メンテナンスサービスとアフターサポート

防犯目的はもちろん、遠距離に住む親の様子や、子どもが一人で留守番している様子を見ることができたり、それぞれのニーズに合ったシステムを提案し、設置からアフターサービスまでをトータルサポートしています。

設置後の設定も対応してくれるので、機械が苦手な女性や高齢の方も安心。家庭用カメラ工事プランでは、無料保証制度が3年間というもの利点です。

防犯カメラ情報センターは、監視カメラや遠隔監視システムなどのセキュリティーシステムをオフィスビルや店舗など幅広く提供している会社なので、セキュリティーシステムの提案から設置工事、メンテナンス、そしてアフターケアまでの一貫したサポートがあるので安心です。

実際の防犯カメラ耐用年数が5年~6年ということを考えると3年間の無料保証というのはかなり優秀です。無料保証年数が長いということも皆さまから選ばれる理由のひとつかもしれません。

防犯カメラ情報センターについて詳しく見る

2位アルコム

    

無料保証制度 3年(日本製品5年) メンテナンス 定期年1回
施工費用 19万3,000円 保障年数 2年
エレベーターへの設置 × 資格者の有無 不明
当日対応の有無 × 対応エリア 全国

公式HP

アルコムは福岡県の博多に本店を置き、東京、大阪をはじめ全国に300店舗を展開している大手の防犯カメラ専門店です。公益社団法人日本防犯設備協会の正会員であり、協会認定の防犯設備士が25名以上在籍しています。

中間業者を通さずに国内・国外の防犯カメラメーカーと直接取引することで、高品質な製品を低価格で購入できます。

防犯カメラを買い替えや入れ替えの際に古い機器を下取り、見積から値引きしてくれる下取りサービスもあります。カメラ本体は1台につき1,000~3,000円程度、録画機は5,000円~1万円程度の値引きでお得な上、廃棄の手間もなく便利ですね。

メンテナンスサービスとアフターサポート

防犯設備士が在籍しているため、品質管理やアフターサポートもすべて自社で行えることが利点です。故障の際もメーカーに製品を送る必要がなく、短期間での修理が可能。

保証期間2年の保証制度が無料となっています。また、有償保証制度では製品価格の10%料金で保証期間を5年間に延長することができます。

アルコムでは、防犯機器の販売だけではなく、防犯カメラ購入後のアフターケアにも力を入れています。購入後でも防犯カメラの撮影範囲や画質が気になる際は別のカメラに交換することができ、防犯機器の知識だけでなく、その使用目的や耐用年数などについてのアドバイスが明確に出来るように、日本防犯設備協会が認定する防犯設備士の資格を持ったスタッフがサポートをしています。

さらに週に二回勉強会を行い、防犯に対する的確なアドバイスや機器の選定が出来るように指南してくれています。

アルコムについて詳しく見る

3位中央防犯センター

無料保証制度 3年 メンテナンス 有料保守メンテナンスあり
施工費用 20万円前後 保障年数 3年
エレベーターへの設置 資格者の有無 防犯設備士
当日対応の有無 × 対応エリア 全国

公式HP

中央防犯センターは東京本店と関西営業所を拠点に、北海道から九州まで全国で年間1,200件以上の施工実績があり、大使館、警察署、役所などの官公庁から、商店街や病院、コンビニエンスストアまで幅広く手掛けています。またビル管理会社との取引もあり、マンションの防犯システムのリース実績も多いようです。

メンテナンスサービスとアフターサポート

防犯カメラの設置後3年間は、年に1度の保守点検を行い機材の清掃と調整をします。また設置後に操作が分からなかったときなどは、365日無休なので電話やメールで随時対応してくれるので安心ですね。

前述でもあったように防犯カメラの清掃、調整などは大切な事です。防犯カメラ設置後のメンテナンスは原則行っていないという業者があるなか、中央防犯センターでは年に一度の保守点検を行っているのでとても安心です。清掃、調整をする事によって防犯カメラの耐用年数が変わってくることもあります。

無休で365日対応可能というのは、大手業者にはないフットワークの軽さ、親身になって最適な提案を行ってくれる中央防犯センターのなせるわざなのですね。

中央防犯センターについて詳しく見る

4位ゼスト

    

無料保証制度 3年 メンテナンス レンタル・リースメンテナンス込み
施工費用 21万2,800円 保障年数 3年
エレベーターへの設置 × 資格者の有無 不明
当日対応の有無 × 対応エリア 関東のみ

公式HP

東京都渋谷に拠点を置くゼストは、関東地方に対応している防犯カメラの販売会社です。東京23区内であれば出張費は無料。提案、販売、設置、メンテナンスまでをトータルで行うオールインワンサービスで、豊富な実績があります。

また扱っている防犯カメラは販売だけではなく、初期費用0円のリースプランが充実していることが特徴です。

メンテナンスサービスとアフターサポート

ゼストの保証制度は、機器と設置工事のセットプランが3年間の無料保証になります。保証期間内の故障については、追加費用はなしで修理をしてくれます。

リースプランには月額料金に保守メンテナンス料も含まれています。万が一故障した場合でも無償交換してもらえるのは、リースならではの利点ですね。

また防犯カメラ設置後の運用についてもアドバイスをしてもらえるのでとても安心です。 入退室管理システムやセンサーライトそして竹中エンジニアリング社のセンサー類など他のセキュリティ機器も取り扱っているので、防犯セキュリティ対策や耐用年数の事などいろいろな相談ができるのも良い点でしょう。

ゼストでは防犯カメラをスムーズな動きで便利に利用することが出来るので、まずはレンタルで一定の期間防犯カメラを設置し、その操作性や防犯能力を知るというのもひとつの手かもしれませんね。

ゼストについて詳しく見る

5位塚本無線

無料保証制度 3年 メンテナンス 不明
施工費用 回答なし 保障年数 3年
エレベーターへの設置 × 資格者の有無 不明
当日対応の有無 × 対応エリア 全国

公式HP

塚本無線は創業1978年、防犯システムの老舗です。三重県鈴鹿市に本拠地を置き、韓国や中国にも支社を展開し、防犯機器や通信機器の開発、製造、販売を行っています。納入先は全国の警察関係、役所関係、学校関係、その他の公的機関など多岐に渡ります。

塚本無線の防犯カメラは自社開発・製造の高品質な日本製防犯カメラです。

メンテナンスサービスとアフターサポート

アフターサービスも充実。最大3年間の保証で、製品によって保証期間内には無償修理や交換が可能です。大手ならではのサポート体制でフリーダイヤルのサービスセンターを設けており、気軽に質問できます。

また、自社工場開発の塚本無線だから出来る日本製温度制御ができる防犯カメラというものもあります。こちらは温度制御で極寒-40℃・極暑+80℃でもカメラを守ります。寒い時はヒーターで熱を発生させ効率よくファンを回転させることによってカメラ内部を温め、暑い時にはファンを回すことで、温度を下げると共に温度に合わせてファンの回転速度を制御しカメラやファンの寿命を長くすることができるという優れものです。ひいては、防犯カメラの耐用年数の長さにもつながってくるとのではないのでしょうか。

塚本無線について詳しく見る

信頼できる防犯カメラの設置業者ランキング

※施工費用に関して画素数200万以上のカメラ、遠隔監視システム、工事費込みで
見積もりを出してもらいました。

  1位防犯カメラ
情報センター
2位ゼスト 3位中央防犯
センター
施工費用 12万円~ 19万3,000円 20万円前後
エレベーター
への設置
×
  公式サイト 公式サイト 公式サイト
高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置業者ランキング
【特集】エレベーターに防犯カメラを設置するには?