高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置会社ランキング

高品質な防犯カメラを安く導入するための業者選び

防犯カメラの設置会社ランキング » 防犯カメラの基礎知識 » 防犯カメラで子供の安全を守る!効果的な活用方法とは

防犯カメラで子供の安全を守る!効果的な活用方法とは

子供が被害に遭う犯罪が多発しています。傷害や暴行、誘拐や強制わいせつなど、ニュースを耳にするたびに心を痛めている方も多いのではないでしょうか。

親や保護者はもちろん、地域全体で取り組む必要のある防犯対策。子供にとって危険は常に身近に潜んでいるものですから、大人が最大限の注意を払い、守ってあげなくてはなりません。

子供の安全を守る防犯カメラの役割

防犯対策というと、見守りや声かけなどが思い浮かぶでしょうか。ですが常に子供を監視することは難しく、誰の目も子供に向いていない場合が無いわけではありません。

そこで防犯対策に大きな役割をもっているのが、防犯カメラです。防犯カメラは人の目ではないものの、録画された映像がチェックできることで、「犯罪抑止力」や「犯罪そのものを記録する」役割を担っています。

人目がない時間でも常に監視してくれる防犯カメラ

街や自宅に防犯カメラを設置することで、常に見られている状態になり、犯罪を減らす効果が期待できます。

もちろん防犯カメラ設置だけで犯罪をなくすことはできませんが、防犯カメラがあるのと無いのとでは大きく異なります。防犯カメラは犯罪者に「ここは監視している場所だ」と伝える役割ももっています。

子供が犯罪の被害に遭いやすい時間と場所とは

子供が被害に遭いやすい場所として、「駐車(輪)場」「道路上」「共同住宅や一般住宅」「公園や空き地」「学校」「電車・バス内」などがあげられます。

とくに駐車(輪)場は、窃盗や傷害、強制わいせつなどの犯罪が起こりやすい場所です。また道路上においても誘拐や略取などがあり、子供が毎日通る身近な場所が危険だと言うことです。

店舗や公共施設、マンションなどは、防犯カメラを設置しているところが多いでしょう。しかし、犯罪に遭いやすい幼稚園~小学生が毎日通る場所、すなわち通学路や自宅周辺に防犯カメラは設置されていますか?

一人で出歩くこともあるもののまだ力も知恵も充分でない小さな子供。日常生活で慣れている場所こそ、防犯カメラを設置してより安全性を高めてあげる必要があるのです。

子供の安全を守るためには防犯カメラをどこに設置したらいい?

では、子供たちの安全を守るために、防犯カメラをどこに設置したら良いのでしょうか?防犯カメラを設置するのなら、「人目につきにくく死角になってしまうところ」や「通行人などがあまり多くないところ」が適しています。

また、実際に「過去に犯罪が起きたところ」あるいは「犯罪が起きた場所と似ている環境のところ」には防犯対策を強化する必要があるのは、言うまでもありません。

通学路への設置

子供にとって通学路はほぼ毎日通る場所。むしろ学校に行くのに絶対に通る道です。しかし、慣れた道だからこそ警戒心も低くなり、犯罪者にとって都合の良い場所となるのです。

通学路は、親や学校関係者でなくとも、子供が毎日通る道として誰でも把握しやすいものです。どの時間にどのくらいの子供が通るのか、監視の目が薄くなるのはどこの何時なのか、調べようと思えばすぐにわかります。

そこで登下校時に見守りをおこなう学校も多くありますが、全ての子供に平等に目を配るのは難しいでしょう。防犯カメラ設置の必要性は非常に高く、常に監視し、映像として記録していることを犯罪者にアピールしなくてはなりません。

自宅への設置

子供が自宅に入ってしまえば安心かというと、残念ながらそうでもありません。

「帰宅時に鍵を開けて家に入ろうとしたら後ろから押し入られた」「宅配便などを装い、玄関を開けたところで押し入られた」、また「窓を開けて休んでいたら窓から侵入された」など、子供が自宅にいるのに犯罪に遭ってしまうケースもあるのです。

子供を守るためには、自宅に大人が不在であることを知らせない・ドアや窓の鍵はかけておく・来訪者にとりあわないなどの対策を、日々口すっぱく教えておくことが重要です。

そして防犯カメラを設置しておくことで、犯罪者には「この家は防犯カメラが監視しているからすぐにバレてしまう」と認識させる必要があります。

防犯カメラの設置で子供を犯罪から守ろう

未来ある子供を犯罪から守るために、大人はできることをしてあげなくてはなりません。手段の1つとして、防犯カメラの設置は非常に有効です。

もちろん、防犯カメラを設置したから大丈夫ではありません。子供と一緒に防犯知識を高めること、学校や近隣住民と協力して子供を見守る体制も、併せて必要となってきます。

防犯カメラを販売・設置している業者では、「どこが死角か」「どの場所・どの向き・どの角度で防犯カメラを設置するべきか」をプロの目で教えてくれるところがあります。

また、費用や保証・アフターサービスなどニーズに合ったカメラを提案してくれるので、頼れる業者を選び、防犯カメラで子供の安全を守りましょう。

信頼できる防犯カメラの設置業者ランキング

※施工費用に関して画素数200万以上のカメラ、遠隔監視システム、工事費込みで
見積もりを出してもらいました。

  1位防犯カメラ
情報センター
2位ゼスト 3位中央防犯
センター
施工費用 12万円~ 19万3,000円 20万円前後
エレベーター
への設置
×
  公式サイト 公式サイト 公式サイト
高品質・お手頃価格の防犯カメラ設置業者ランキング
【特集】エレベーターに防犯カメラを設置するには?